2013年09月

狂平、10月14日、後楽園ホールにてWBCムエタイ日本タイトルマッチが決定しました!
皆さん応援宜しくお願い致します!

アマ第一試合
桑原 幸也 判定勝ち (3-0)
1ラウンドに右ストレートでダウンを奪い判定勝ちでした。初めての試合でもよく落ち着いていたのには感心しました。

アマ第4試合
三好 啓之 判定敗け (3-0)
後半スタミナが切れてしまいました。スタミナ強化が今後の課題です。

アマ第5試合
伊勢 剛二 判定勝ち(3-0)
右のパンチが良かった。これからもっと右を磨いてほしいです。

アマ第7試合
仁信 拓支 判定負け(3-0)
体重が上の階級の選手との対戦で、勢いで押し込まれる場面が何度か見られました。今後は得意のステップを更に強化してほしいです。

アマ第10試合
高下 由輝 判定勝ち(3-0)
パンチ、蹴りの打ち分けがきちんと出来ていました。彼のベストバウトかも!?

アマ第14試合
掘瀬 寿哉 判定勝ち (3-0)
前半はスロースタートでしたが、後半のパンチ連打をしっかりまとめました。次は前半から飛して行こう!

雷舞 第7試合
櫻木 崇浩 判定勝ち(3-0)
1ラウンドはほぼ互角の展開でしたが、2ラウンド以降はペースを掴み追い詰める場面が目立ちました。次の試合までには必殺技を完成させよう!

雷舞 第11試合
狂平 判定勝ち (3-0)
2ラウンドに1回、3ラウンドに2回ダウンを奪って判定勝ちでした。この勢いでWBCムエタイも奪取したい!

↑このページのトップヘ